(スマホ売却)出品画面に掲載するタイトル・説明文の作り方(ヤフオク・メルカリ・ラクマ)【第14回目・実践編】

 

【今回のテーマと前回の内容】

第12回目以降は連続して「オークション・フリマサービでスマートフォンを出品し売却するまでの流れ」について解説していきます。
これらの行程を1記事にまとめることは、難しいため複数回に分けて解説を行っています。
今回は「出品画面に掲載するタイトル・説明文の作り方」という行程について、具体例を交えながら解説していきます。

なお、前回は「出品画面に掲載する写真を撮影する」という行程について、スマートフォンを出品するにあたり、どのような写真を撮影・掲載するべきかについて、実際の出品画面に掲示した写真等を用いて説明しました。

前回の記事:(スマホ売却)出品画面に掲載する写真の撮影ポイント(ヤフオク・メルカリ・ラクマ)【第13回目・実践編】

【このシリーズについて】

このシリーズでは中古スマートフォン(白ロム)の売却に長く携わっていた管理人が、これからスマートフォンを売却しようと考えている方へ「基本的な知識」・「高く売却するための方法」や「自身で売却するため」のハウツーをまとめています
スマートフォンの売却を考えている方も考えていない方も、スマートフォンの知識として有益な情報を含めていますので、お時間がある際にでもぜひ読んでいただけると大変嬉しく思います。

記事一覧はこちらからご覧いただけます。

【大まかな流れ】

スマートフォンをオークション・フリマサービスで出品し、売却するまでの流れ
スマートフォン取扱事業者に買取を依頼する場合は、主に次の準備や行動をします。
↓↓第12回目で解説している内容↓↓
 ①出品するサービス(媒体)を選択する

↓↓第13回目で解説している内容↓↓ 
②出品画面に掲載する写真を撮影する

↓↓今回の記事で解説している内容↓↓ 
 ③出品画面に掲載するタイトル・説明文を作成する

↓↓第15回目で解説している内容↓↓
 ④価格を設定する・出品手続きを行う
 ⑤買い手がついた場合は、スマートフォンを発送する。
 ⑥取引完了後、入金手続きを行う。
 ⑦(買い手がつかない場合)出品を見直す

なお、出品するスマートフォンで行っておくべき作業については、次の記事が参考になります。

(スマホ売却)スマホを売却する前に行っておく事【第9回目・実践編】 

【出品画面に掲載するタイトル・説明文を作成する】

オークション・フリマサービスの出品にあたり、掲載するタイトル・説明文は購入希望者に「検索してもらう」ための要素となります。
また、購入希望者は「掲載画像」とともに、「タイトルや説明文」を読んだ上で商品を吟味します。
そのため、タイトルは簡潔に設定し、説明文では必要とされている情報を漏れなく記載する必要があります。

これから、タイトルの設定や説明文に入れておくべき情報について、解説していきます。

【オークション・フリマサービスごとのタイトル・説明文に利用できる文字数】

オークション・フリマサービスによって、タイトル・説明文に利用できる文字数は異なります。
まずは各オークション・フリマサービスのタイトル・説明文に利用できる文字数を確認していきましょう。

ヤフオク!は最大で60文字のタイトルと、説明文には相当数の文字数が利用できます。
メルカリラクマは40文字のタイトルと、1000文字の説明文を掲載することができます。
利用できる文字数の少ないメルカリとラクマにあわせて、タイトルや説明文の作り方を解説していきます。

【タイトル(商品名)の作り方と例】

タイトル(商品名)には「機種・機種情報」と「アピールポイント」を入れましょう。
タイトルの構成は次のとおりです。
【アピールポイント①】機種名+色(+容量※)【特徴・アピールポイント②】
【かっこ】にはアピールポイントや特徴を記載し、間に機種名などの情報を記載することで、インパクトのある簡潔なタイトルが作成できます。

タイトル例を挙げていきます。

(タイトル例1)

【SIMロック解除済み】iPhone8ブラック64GB【SB版・付属品完品】

文字数:38文字

特記事項:
iPhoneは同じモデルでも「容量違い」の種類があるため、タイトルに保存領域容量の記載があると良いです

(タイトル例2)

【SIMロック解除済み】Xperia XZ1(SOV36)シルバー【au版】

文字数:38文字

特記事項:
携帯通信事業者から販売されたスマートフォンは、携帯通信事業者型番(この例では”SOV36”)の記載があると良いです。

(タイトル例3)

【送料無料・SIMフリー】UMIGIDI A5 Pro【美品】

文字数:31文字

特記事項:
家電量販店や通信販売で購入したメーカー直販のSIMロックの掛かっていないスマートフォンは、「SIMフリー」と記載があると良いです。
販売時からSIMロックが掛かっていないことにより、「SIMフリー」と呼ばれています。
対比すると、携帯通信事業者のSIMロックを解除したスマートフォンは、「SIMロック解除済み」と記載します。

限られた文字数でタイトルを作成する必要があるため、上記タイトル例も参考にしつつ、簡潔ながら買い手を惹きつけることのできるタイトルを設定するようにしましょう。

【説明文(商品説明)の作り方と文例】

商品の説明文には次の内容を入れておきましょう。

・機種名
正式な機種名を記載します。
携帯通信事業者が定める型番がある場合は、併せて記載します。

・容量(レパートリーがある場合)
iPhoneなど同じ機種でも複数の記憶容量レパートリーがある場合は、出品するスマートフォンの記憶容量を記載します。(例:32GB,64GB,128GB,256GBなど)

・色
出品するスマートフォンの色を記載します。

・OSバージョン
出品するスマートフォンにインストールされているOSのバージョンを記載します。
iOS:設定→「設定」→「一般」→「情報」のシステムバージョン(ソフトウェアバージョン)に表示されます。
Android:「設定」→「端末情報」でOSバージョンが表示されます。

・入手経路
自身が出品するスマートフォンを入手した経緯を記載します。

・IMEI(製造番号)
IMEI(製造番号)を記載します。
IMEIの調べ方
→【IMEIの確認方法】の項が参考になります。

・ネットワーク利用制限の判定
携帯通信事業者から販売されたスマートフォンの場合は、現在のネットワーク利用制限判定の状況を調べた上で、記載します。
ネットワーク利用制限の調べ方

・残債の有無と補償サービス加入状況
分割で購入した場合は残債の有無について、一括で購入した場合は「一括購入」であることを記載します。
また、補償サービス加入状況について記載します。

・SIMロック解除状況
SIMロック解除状況を記載します。
SIMロックの解除方法

・本体の状況(傷や破損)
本体の状況(傷や破損)について、できる限り詳しく記載します。


・本体の状況(水濡れや機能上の故障有無)
水濡れの有無や機能上の故障(液晶不良・端子不良・操作不良など)を記載します。


・修理歴
修理歴がある場合は記載します。
正規店で修理を行った場合は、修理時に点検やメンテナンスされていることの証となるため、マイナス要因とはなりません。

・アクティベーションロックやデバイスプロテクションの解除状況
アクティベーションロック(iOS)やデバイスプロテクション(Android)の解除状況について記載します。
アクティベーションの解除方法
→【正規の所有者によるアクティベーションロックの解除方法】の項が参考になります。
デバイスプロテクションの解除状況
→【正規の所有者によるデバイスプロテクションの解除方法】の項が参考になります。

・Felica初期化状況(Androidのみ)
Felica領域の初期化状況について記載します。
Felica初期化状況の確認方法
→【④Felica領域の削除を行う(Androidのみ対象)】の項が参照になります。

・付属品の有無
本体にもとより付属している付属品の有無・欠品状況について記載します。

・おまけの有無
おまけ等がある場合は記載します。

・初期不良時の対応
初期不良時の対応について、「n日以内であれば対応可」や「メーカー対応になる旨」を記載します。

・おことわり
細部の傷などのクレームを防ぐため、「神経質な方の購入はお控えください」などの一文を入れておきます。

実際の商品説明文例を掲載します。
ご自身のケースにあわせて、文言を変える等をした上で、ご活用ください。

(商品説明文例1)

この度は出品商品をご覧いただき、ありがとうございます。
出品商品の詳細は以下の通りとなります。
■機種名
Apple iPhone8
■容量
128GB
■色

■OSバージョン
13.1
■入手経路
2018年3月にソフトバンク販売店で購入しました。
■IMEI(製造番号)
XXXXXXXXXXXXXXX
■ネットワーク利用制限の判定
ソフトバンク/○
■残債の有無と補償サービス加入状況
残債は有りません。
補償サービスは解約済みです。
■SIMロック解除状況
解除済みです。
■本体の状況(傷や破損)
液晶保護フィルムを装着して利用していたため、画面上に傷や破損はありません。
なお、本体角・横・カメラの縁(れんずではない)に小さな傷やスレがあります。
■本体の状況(水濡れや機能上の故障有無)
水濡れ反応はありません。
また、画面・端子・ボタン等に故障や不具合はありません。
■修理歴
・2018年12月に画面破損により修理
Appleストアにて修理を実施
正規修理以外の修理歴はありません。
■アクティベーションロック解除状況
解除の上、発送いたします。
■付属品
すべての付属品が揃っています。
そのうち、イヤホンは未使用です。
詳細は掲載写真を御覧ください。
■おまけ等
・未使用の液晶保護フィルム
・無線充電器(Qi)
■初期不良時の対応
初期不良時の対応はXX日以内であればお受けします。
なお、本体が正常に利用できない場合に限ります。
■おことわり
出品者が出品時に気づかなかった傷などがある場合があります。
神経質な方は購入をお控えください。

※改行を含む文字数:685字
URLなし

(商品説明文例2)

この度は出品商品をご覧いただき、ありがとうございます。
出品商品の詳細は以下の通りとなります。
■機種名
Rakuten mini
■色

■入手経路
2020年5月に楽天から購入しました。
■IMEI(製造番号)
XXXXXXXXXXXXXXX
■ネットワーク利用制限の判定
該当なし
■残債の有無と補償サービス加入状況
残債は有りません。
補償サービスは未加入です。
■SIMロック解除状況
SIMフリー端末です。(eSIMのみ対応)
■本体の状況(傷や破損)
ありません。
■本体の状況(水濡れや機能上の故障有無)
使用中に水濡れはありません。
また、画面・端子・ボタン等に故障や不具合はありません。
■修理歴
ありません。
■デバイスプロテクション解除状況
解除の上、発送いたします。
■Felica初期化状況
初期化済みです。
■付属品
すべての付属品が揃っています。
詳細は掲載写真を御覧ください。
■おまけ等
・未使用の液晶保護フィルム
■初期不良時の対応
初期不良時の対応はXX日以内であればお受けします。
なお、本体が正常に利用できない場合に限ります。
■おことわり
出品者が出品時に気づかなかった傷などがある場合があります。
神経質な方は購入をお控えください。

※文字数:542文字
URLなし

上記はあくまで一例ですので、アピールポイントなどを書き加えてアレンジすることも良いでしょう。
ヤフオク!で出品する場合は、HTMLを用いた表形式で作成することもできます。
また、メルカリやラクマでは「#:ハッシュタグ」というものが利用することができ、検索対象が拡大されます。
(ハッシュタグ例)

(ハッシュタグ例)
#iPhone
#Xperia
#2019年モデル
など

なお、ハッシュタグは関連あるワードのみに留めることとし、多くても5キーワード程度が理想とされています。

【今回のポイントと次回のテーマ】

出品画面に掲載するタイトル(商品名)と説明文(商品説明)の作り方と例について、説明・例示していきました。
限られた文字数の中で必要な情報を確実に伝えることのできるように、工夫が必要です。
ただし、説明文にはかならず入れておくべき内容について、例示しています
面倒がらずできるかぎり細かい内容を記載するようにしましょう。
できる限り、細かい内容を記載することにより、購入希望者は納得して出品商品を購入することができます。
また、苦情等のトラブル発生を抑えることも期待できます

次回も「オークション・フリマサービでスマートフォンを出品し売却するまでの流れ」というテーマを主に説明していきます。
次回は「価格を設定する・出品手続きを行う」・「買い手がついた場合は、スマートフォンを発送する」・「取引完了後、入金手続きを行う。」および「(買い手がつかない場合)出品を見直す」の行程についてという4つの行程について、説明していきます。
次回の記事:(スマホ売却)価格設定・出品手続・発送と買い手が見つからない時の検討事項(ヤフオク・メルカリ・ラクマ)【第15回目・実践編・完】

お読みいただき、誠にありがとうございました。