【手順付き】Huawei P10lite FR・デバイスプロテクションの解除方法【Android8】

Huawei P10liteのファクトリーリセットとデバイスプロテクションの解除方法について、解説していきます。
Huawei P10liteにおいて、「この端末はリセットされました。続行するには、この端末で前に同期したGoogleアカウントにログインしてください」と表示されてセットアップが完了しない方は、ぜひこの記事を参考にしてください。
なお、この記事は日本語を主に利用する方が、作業しやすいような手順となっています。

【今回の検証における前提条件】

・メーカー
Huawei
・販売国
日本
・携帯通信事業者(キャリア)版
いいえ
・機種名
HAWEI P10lite
・型番
WAS-LX2J
・Androidバージョン
8.0
・ビルド番号
WAS-LX2J 8.9.9.394(C635)
・カスタムROMの導入
いいえ

【同じ手段を利用できる可能性のある機種】

Android8.0を搭載したHuawei製スマートフォン

【ファクトリーリセットの方法】

■ファクトリーリセットに必要なもの

本体

■ファクトリーリセットの手順

端末に保存されているすべての設定やデータが削除されるため、事前にバックアップ等を取りデータ消失を回避してください。

手順1:
電源をオフにします。

手順2:
「電源ボタン」と「音量(+)」を同時に押します。
「HUAWEI」ロゴが表示されたら、ボタンから指を離し、しばらく待ちます。
※しばらく待ちます・・・・30秒程度時間がかかります。

手順2まで正しく行うと、「EMUI」と画面に表示されます。(Recoveryモード)

手順3:
「Wipe data/factory reset」を選択します。
※この画面はタッチまたはボタン”「電源ボタン」・「音量(+)」・「音量(−)」”で操作することができます。
ボタン操作の概要は「電源ボタン」は「決定」、「音量(+)」は「↑」、「音量(−)」は「↓」となっています。

手順4:
上の入力スペースへ表示されているキーボードを利用して「yes」と入力します。

手順5:
「wipe data/factory reset」を選択(タッチ)します。

手順6:
再度、「wipe data/factory reset」を選択(タッチ)します。
※この操作を行うと、再起動され、ファクトリーリセットが実行されます。

ファクトリーリセットが完了すると、「手順3」で表示される画面に戻ります。
手順7:
「Reboot system now」を選択します。

※HUWEIロゴが表示され、しばらく待つと(4分程度)セットアップ画面が表示されます。(完)

【デバイスプロテクション回避作業(FRP)】

■デバイスプロテクションの解除作業に必要なもの

・本体
・インターネットが利用できるWi-Fi
・Gmail以外のメールアカウント(今回はoutlook.comのメールサービスを利用)

■デバイスプロテクションの解除手順

・次の画面が表示されている場合は、強制初期化等により「デバイスプロテクション」が有効な状態です。


手順1:
セットアップを行います。

手順2:
インターネットにつながるWi-Fiに接続します。

手順3:
前所有者のGoogleアカウント情報を求める画面までセットアップを進めましたら、
電源ボタンを長押しすることで表示される「電源オプション」より「再起動」を選択し、再起動を行います。

手順4:
「言語の選択」画面で「한국어 (대한민국)※韓国語(大韓民国)」を選択します。
手順5:
セットアップを継続し、前所有者のGoogleアカウント情報入力画面まで進めます。

手順6:
メールアドレスの入力欄をタッチします。

手順7:
韓国語キーボードが起動しましたら、「地球儀マーク」をタッチします。
※キーボード使用言語の選択画面が表示されます。

手順8:
キーボード選択画面が表示されましたら、電源ボタンを長押しすることで表示される「電源オプション」より「再起動」を選択し、再起動を行います。
※【ここまでの作業の意味】
回避作業に必要な抜け道として必要な、「言語設定ボタン」を有効化するために行いました。

次のページへ続きます。(下記のPage:2をクリックしてください。)