解説文中の文字色のポイント
文字色が赤色・・・大事な内容/ポイント
文字色が水色・・・イレギュラーな内容
文字色が紫色・・・詳細(マニアック傾向)の内容

目次

■楽天モバイル ネットワーク利用制限の判定が「×(バツ)」→どのような状況なのか?

ネットワーク利用制限の判定が「×(バツ)」の状態であることを、「赤ロム」・「ネットワーク利用制限の対象電話機」ともいいます。(頻出単語)

パターン1:電話機本体代金の支払いを途中でやめた

当該の電話機は、楽天モバイルが販売元となっており、本体代金の支払いが分割払いなどの方法で支払われていたが、残債の支払いが行われなくなった。

パターン2:スマホ交換保証プラスに加入しており、補償を使用した場合の被害端末に当てはまる

スマホ交換保証プラスに加入している電話機において、「紛失」・「盗難」の届け出がされたことによって、楽天モバイルから新しい電話機の提供がされた場合において、「紛失」・「盗難」の被害にあったとされる電話機に該当する場合。

パターン3:虚偽の申出による契約であることが判明した場合

本体代金の支払いが完了している(一括で支払い済み/分割支払いの場合、すべての支払が完了している)場合でも、虚偽の申し出や偽装された本人確認資料で契約していたことが判明した場合は、楽天モバイルは販売店から端末を「詐取」されたとして、該当する契約で購入された電話機のネットワーク利用制限の判定は「×」となります。

■楽天モバイル ネットワーク利用制限の判定が「×(バツ)」であることの弊害

楽天モバイルのネットワーク利用制限判定確認サイトにおいて、ネットワーク利用制限の判定が「×(バツ)」である場合は次のような弊害が生じます。

・楽天モバイルの通信網で音声通話やモバイルデータ通信を使用することができない。

・電話機を中古スマホ買取店で売却しようとした場合、利用制限の判定が「×」であることを理由に買取を断られるケースがほとんど。

・ヤフオク(Paypayフリマ)、メルカリやラクマにおいて利用制限の判定が「×」(赤ロム)の電話機は出品禁止品に指定されており、出品できない。
仮に出品できたとしても、禁止品として出品を取り下げられる場合がある。

電話機としての価値を大きく損ねる弊害が生じます。
詳細は割愛しますが、上記の他にも、分割払いで購入した契約者本人に対する信用情報(CIC)に「遅延」や「異動(債権異動)」の記録がされることとなり、金融サービス(特にお金を借りる系)を受けるにあたり、「契約できない」/「既存の契約に関しては強制解約となる場合がある」などの不利益を被ります。

■楽天モバイル ネットワーク利用制限の判定を「×(バツ)」から「◯(まる)」に変更したい場合の対処法と所要時間目安

ネットワーク利用制限の判定を変更するためには、一部のケースを除き、電話機を購入した契約者本人がすべて対応する必要があります。
また、「分割代金の未払いが原因となるネットワーク利用制限の判定が「×」となったケース」に限られます。

パターン1(未払い)の対処法:my楽天モバイルのWEBページで未払いの代金(電話機残債と通信料)を確認し、支払う

楽天モバイルのWEBページを参照して、未払い料金を完済します。
※現状、情報が少ないため、ご提示できる情報が少ないです。
未払い料金のお支払い方法-楽天モバイル
https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/payment/invoice/flow/

Tips:
支払いを再開したとしても、債権が債権回収株式会社に異動している場合や、かろうじて間に合ったとしても楽天モバイルでは分割払いとしての支払い再開を受け付けてもらうことは現実的に難しいため、利用制限の判定が「×(バツ)」から「▲(三角)」に変更されるケースは皆無と考えてよいでしょう。

なお、すでに未払い代金の債権が、債権回収会社に異動されている場合は、届いた書状などをもとに債権回収会社へ連絡をとった上で動くことをおすすめします。

■中古端末販売店やフリマサイトなどで購入した電話機がネットワーク利用制限の対象(判定:「×(バツ)」)となった場合

・中古端末販売店で購入した場合

業者や店舗によって対応が異なりますが、「赤ロム保証」を謳っている店舗の場合、購入時のレシートなどが手元にあれば、返金や交換などの対応をしてくれる場合があります。
また、レシートがすでにない場合でも、好意で製造番号等から販売歴を追うことができ、対応してもらえる可能性もわずかながらありますので、まずは問い合わせや店頭で相談してみることをおすすめします。

・フリマサイトで購入した場合や中古端末販売店で対応してもらえなかった場合

残念ながら対処法はありません。
楽天モバイルから販売されている端末はSIMフリーとなるため、楽天モバイル以外の回線(NTTドコモ/au/ソフトバンク網)は使用できます。

・フリマサイトで購入した場合や中古端末販売店で対応してもらえなかった場合

なお、一部のフリマサイトでは、出品時にネットワーク利用制限の判定が「◯」であったにもかかわらず、その後ネットワーク利用制限「✕」判定(=赤ロム)となった場合、事務局と相談することで事務局へ端末を送付することにより返金を受けられたというケースが存在しますので、フリマサイトの事務局へ一度相談してみるのもアリです。(返品・返金の約束をするものではありません。)
相談文面を次に例示します。

フリマサイト事務局 御中

20XX年XX月XX日に貴フリマサイトで購入したiPhone8について、問い合わせいたします。
購入当初はネットワーク利用制限の判定が「◯」と出ており購入に至りましたが、20XX年XX月XX日現在、ネットワーク利用制限の判定が「✕」となり当該電話機を使用することができなくなりました。

当該出品は規約違反となるかと存じますが、受取評価を行っており出品者と連絡を取ることができません。
返品・返金を希望しますが、出品者に相談をしたいのですが、ご対応いただくことは難しいでしょうか?

当該出品物の情報は次のとおりです。
URL:<<出品商品のURL>>もしくは、出品IDなどの特定ができる情報
購入日:20XX年XX月XX日
購入した機種:NTTドコモ版 iPhone8
端末のIMEI:XXXXXXXXXXXXXXX

何卒、ご確認・ご検討のほど、お願いいたします。

・楽天モバイル販売のスマートフォンはSIMフリーのため他社網が使える場合も

残念ながら対応できなかった場合は、ネットワーク利用制限の対象(判定:「×(バツ)」)の端末は持ち続けることになります。
楽天モバイル販売のスマートフォンはSIMフリーのため他社網)NTTドコモ/au/ソフトバンク)の回線であれば使用することができる可能性があります。(機種と通信バンドの相性にもよります。)
サブ機として割り切って使用し続けるのもひとつの手段ということを覚えておくと良いでしょう。

■楽天モバイルで電話機を購入していないにもかかわらず、利用制限の判定が「×(バツ)」と出ている場合の対処法

Appleストア・メーカー直販のSIMフリー端末を購入した※にもかかわらず、ネットワーク利用制限の判定が「×」と出る場合は、誤った登録がされている可能性があります。
※中古端末(白ロム)販売店や正規流通経路ではない(楽天やヤフーショッピングなどの第三者出品者など)購入ルートの場合は、”実はメーカー→ファーストユーザーに対しての販売元が楽天モバイルだった品”を再販しているケースがあるため、まずは販売元に相談しましょう。

下記連絡先でネットワーク利用制限の判定を「ー(ハイフン)」に修正できる場合があります。
(メーカー→ファーストユーザーに対しての販売元が楽天モバイルではないことの確認が取れた場合)
ただ、ネットワーク利用制限の判定「×(バツ)」を誤って登録するといったことは、聞いたことがありません。

楽天モバイル お客様サポート
電話で相談する窓口は設定されておらず、チャットサポートでの対応となります。
WEB(my楽天モバイル)やMy楽天モバイルアプリより、チャットサポートを受けることができます。

解説は以上となります。

■ネットワーク利用制限の判定についての解説ページ(サイトマップ)

ネットワーク利用制限の判定についての解説ページサイトマップネットワーク利用制限の判定解説のサイトマップ
TOPネットワーク利用制限「◯」NTTドコモ
TOP>ネットワーク利用制限「◯」au/UQモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「◯」ソフトバンク/ワイモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「◯」楽天モバイル
TOP>ネットワーク利用制限「◯」mineo
TOP>ネットワーク利用制限「◯」複数の携帯通信会社の結果が出ている

TOPネットワーク利用制限「▲」NTTドコモ
TOP>ネットワーク利用制限「▲」au/UQモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「▲」ソフトバンク/ワイモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「▲」楽天モバイル
TOP>ネットワーク利用制限「▲」mineo
TOP>ネットワーク利用制限「▲」複数の携帯通信会社の結果が出ている

TOPネットワーク利用制限「✕」NTTドコモ
TOP>ネットワーク利用制限「✕」au/UQモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「✕」ソフトバンク/ワイモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「✕」楽天モバイル
TOP>ネットワーク利用制限「✕」 mineo
TOP>ネットワーク利用制限「✕」複数の携帯通信会社の結果が出ている

TOPネットワーク利用制限「-」格安SIM/メーカー直販等で購入しており、判定が「-」
TOP>ネットワーク利用制限「-」 NTTドコモ
TOP>ネットワーク利用制限「-」 au/UQモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「-」 ソフトバンク/ワイモバイル
TOP>ネットワーク利用制限「-」 楽天モバイル
TOP>ネットワーク利用制限「-」 mineo
TOP>ネットワーク利用制限「-」複数の携帯通信会社の結果が出ている

■ネットワーク利用制限についての関連記事

【実機で見る】赤ロムってどうなるの? 動作検証をしてみた(ネットワーク利用制限の判定が「✕(バツ)」)【コラム】

"赤ロム・ネットワーク利用制限の判定が「✕(バツ)」の場合、携帯電話機が利用できません"という話を聞いたことがある方は少なくは無いと思いますが、実際は「どう利用でき…

ネットワーク利用制限とは?

【概要】 ネットワーク利用制限とは特定の条件下において、携帯通信事業者が携帯電話機に対して自社のネットワークへの接続を拒否する措置の事をいいます。 制限は携帯電…

ネットワーク利用制限の調べ方・結果の意味と判定を変更する方法

ネットワーク利用制限の「調べ方」・「結果の意味」と「判定を変更する方法」について解説しています。なお、用語としてのネットワーク利用制限は次の記事も参考になりま…

IMEIとは? (アイエムイーアイ)

【概要】 IMEIとは携帯電話機ごとに付与される識別番号です。殆どの携帯電話機において、製造番号と同じ意味で取られることがあります。15桁の数字の羅列で構成されます。…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。