5Gとは? (ファイブジー・第5世代移動通信システム)

※この記事は現在進行系の技術について記しています。 サービス拡充や技術的な進歩があった際には、随時更新されていきます。

【概要】

5G(第5世代移動通信システム)とは携帯電話の通信システムの1つです。
日本を含めた一部の通信事業者では一般利用者向けにサービスが開始されています。
次世代の規格として今後展開される通信システムです。
※日本では2020年3月下旬にNTTドコモauならびにソフトバンク、同年9月30日から楽天モバイルが一部の地域や施設をサービスエリアとして、サービスを正式に開始しました。

NTT docomoから2020年3月25日にサービス提供を始めた

【特徴】

昨今では動画配信サービスやビデオ電話など、以前と比べ急増し続ける通信量(トラフィック)や、IoT機器(センサーなど)の普及による同時接続できる機器の増加に対応することを目標に進められた規格です。

主に「高速大容量」「高信頼低遅延」「多数同時接続」がかなうように設計されています。

また、日本ではローカル5Gという制度が新設されており、必要な申請・許認可を受け、設備を導入することにより、工場や倉庫などで利用可能範囲(エリア)や利用者を限定した独自の5G通信網を構築することができます。
これにより低遅延で高い信頼性を保ちながら、機器の遠隔制御や監視機器などを行うことができるようになると期待されています

出典:NEC ローカル5Gとは

【仕様】

注:主に日本においての仕様について記述しています。

■使用されている周波数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です