W-CDMAとは? (ダブリューシーディーエムエー)

【概要】

W-CDMA (ダブリューシーディーエムエー)とは3G(第3世代移動通信システム)方式の通信規格の1つです。
Wideband Code Division Multiple Accessの略語です。
日本国内ではNTTドコモソフトバンクおよびワイモバイルで採用されています。

拡張仕様により、次の通り高速化できます。
HSPA:下り7.2〜14.4Mbps/上り5.7Mbps

なお、日本で採用されている3G方式の通信規格はW-CDMAの他に、auの提供しているCDMA2000があります。

LTE4Gの普及により、各社3G方式でのサービス提供を終了する予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

VoLTEとは? (ボルテ)