Wi-Fiとは? (ワイファイ)

【概要】

Wi-Fi (ワイファイ)は無線通信規格(IEEE802.11)を用いて相互接続が可能であることを認定された機器で利用することのできるロゴマーク・名称です。
Wi-Fi対応を謳う場合はWi-Fi Alliance(ワイファイアリアンス)の認証が必要であり、認証を受けていない場合は「無線LAN」などの名称に置き換えられます。
現在では「Wi-Fiに繋ぐ」など一般的に多く使われており、世界で最も幅広く利用されている無線通信技術です。

【用途】

インターネット回線とWi-Fiルーターの組み合わせで、Wi-Fi機器で利用できる電波を飛ばし、Wi−Fi対応機器(例:ノートパソコン・ゲーム機・スマートフォンやタブレット端末など)を相互接続することでインターネットに繋げるといった用途に最も使われています。

また、最近では屋外や商業施設において、インターネット接続に接続されているWi-Fiを利用することができるホットスポットと呼ばれるエリアがあります。
これらのホットスポットは集客などを目的とし、提供者は通信事業者の他、施設の管理者などが挙げられます。

スマートフォンやタブレット端末では携帯通信事業者との契約があり、必要なプランに加入していればWi-Fiに接続せずともインターネットに繋ぐことができますが、固定回線やBWAに繋がるWi-Fiに接続することで「携帯通信事業者の契約プランで定められているデータ通信量を消費しない」・「携帯通信事業者のネットワークより高速で安定した通信ができる」などのメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です