【ニュース】楽天モバイルもネットワーク利用制限の運用を開始

2021年2月下旬より(詳細不明)、楽天モバイルにおいてもネットワーク利用制限の運用を開始しました。

ネットワーク利用制限とは不正に取得した電話機や本体代金の分割未払いが発生した端末に対し、自社の携帯通信回線を利用できなくする処置です。
ネットワーク利用制限の詳細については、次の記事が参考になります。

【ネットワーク利用制限の確認方法】

楽天モバイルから販売されたスマートフォンモバイルルータの製造番号(IMEI)を用意し、次のURLから確認を行うことができます。

※IMEIの調べ方は、次の記事が参考になります。

【IMEIの確認方法】の項目を参照してください。

・楽天モバイルのネットワーク利用制限確認サイトURL

https://network.mobile.rakuten.co.jp/restriction/

■ネットワーク利用制限の確認方法(図解手順)

手順1:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/restriction/ へアクセスします。
「IMEI」を入力し、「確認する」ボタンをタッチもしくは、クリックします。

完:
結果を確認します。

【ネットワーク利用制限の対象範囲の考察】

あくまで考察となります。
・楽天モバイル(MNO)から販売された端末
次のURLにラインナップされているスマートフォンならびにモバイルルーターは、確実に利用制限の対象となります。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/

・楽天モバイル(MVNO)から販売された端末
楽天モバイル(MVNO)の回線とセットで購入したスマートフォンならびにモバイルルーターは、利用制限の対象となります
https://mobile.rakuten.co.jp/product/

なお、上記URLにラインナップされていない端末は、利用制限の対象とならない可能性があります。
※楽天MNOで利用できない端末を含みます。

■検証結果(一部端末)

※対象外としていても、既に対象となっていたり、今後対象となる可能性があります。
・Galaxy A7
→対象

・MR05LNRW
→対象

・MR04LN(楽天モバイルMVNOから販売)
→対象外

・HTC U11(楽天モバイルMVNOから販売)
→対象外

【ネットワーク利用制限運用開始による影響】

楽天モバイルにおいてネットワーク利用制限の概念がなかったため、無意識に安全と思っていた方も多いのではないでしょうか?

ネットワーク利用制限の運用開始により、楽天モバイルから発売されたスマートフォンを中古で入手した、個人・法人は「前所有者の本体分割代金の未払い」や「不正契約の発覚」等により、影響を受ける可能性があります。

また、楽天モバイル端末の中古市場相場についても影響を与えることは不可避でしょう。

まずは楽天モバイルから発売された端末を所有している場合は、売却・中古品購入を考えていたり、すでに売却済み・中古品を購入されている場合は、ネットワーク利用制限を確認されることが賢明です。

以上、楽天モバイルもネットワーク利用制限の運用を開始した件についての、ニュースでした。
お読みいただき、ありがとうございました。