キャッシュレス決済スピード比較(コンビニ編)【コラム】

今回は「コンビニエンスストアにおける決済(支払いスピード)」の比較をテーマに、「利用者目線=(お客様)」・「従業員目線」と「システム目線」の3点をもとに、決済スピードの比較をしようと思います。
今回は日本最大手のコンビニエンスストアチェーンの加盟店従業員(コンビニ君)の助言をいただきながら、記事化にこぎつくことができました。

【今回比較する決済手段の種類】

今回比較する決済手段の種類は次の通りです。
・現金
・電子マネー
・クレジットカード、デビットカード
・コード決済

今回ケース店ではチェーン・グループ会社の独自電子マネーもありますが、汎用性の高い決済手段のみを比較の対象とします。

■電子マネー

今回比較する決済手段の中で電子マネーと分類されるのは「交通系電子マネー(Suica,ICOCA,PASMOなど..)」、「楽天Edy」、「iD」や「QUICPay」となります。
主に現金等をチャージして利用する「チャージ型電子マネー」と、発行元から一定の与信枠(利用可能金額[クレジットカードの利用可能額や銀行の残高等])が与えられその範囲内で利用できる「与信型電子マネー」に分かれます。

・支払い方法

非接触ICカードや対応する携帯電話機を、POSレジのカード読み取り部(R/W装置)にかざすことで決済を行います。

■クレジットカード・デビットカード

続いてクレジットカード・デビットカードと分類されるのは、国際ブランドのロゴマーク(JCB,VISA,MasterCard,AMEXやDiners Club)が表示されているカードです。
クレジットカードは後払い・デビットカードは銀行口座等から即時引き落としされることが特徴です。

・支払い方法

[ICチップ搭載カード]は、カード読み取り機(スマートカードリーダー)に差し込みます。
[コンタクトレス対応カード]はカード読み取り部(R/W装置)にかざします。
[ICチップ非搭載カード]は、従業員にカードを渡し、従業員が磁気カードリーダーにカードをスワイプします。(セルフレジの場合は磁気カードリーダーが備え付けられています。)
いずれかの方法で決済を行います。

■コード決済

最近何かとなるコード決済です。
詳しい説明は次の記事が参考になります。

・支払い方法

コンビニエンスストアではスマートフォンの画面に表示されているバーコードを従業員が読み取り、決済を行う「ストアスキャン方式」が採用されています。
対比として、店舗に備え付けられているQRコードを利用者(お客様)が読み取る方式は、「ユーザースキャン方式」と言われています。

【決済スピード比較(利用者=お客様視点)】

利用者=お客様の事として表現していきます。
「決済方法の準備タイミング」と「決済方法毎の準備」に焦点をおいてみましょう。

■決済方法の準備タイミング

利用者は様々な方がいますが、お会計時の決済方法を準備するタイミングにも様々なパターンがあります。
具体例として
①お会計前に財布(現金)・カード類・スマートフォンを予め用意している
②お会計中(レジに商品を打ち込んでいる)に財布(現金)・カード類・スマートフォンを用意している
③お会計額が確定してから財布(現金)・カード類・スマートフォンを用意する

このパターンでは決済スピードの早い順として①>②>③となることが容易に想像できるでしょう。
「③」のパターンは従業員も後ろで並んでいる利用者もイラつく最悪なパターンであります。
何らかの事情があるときは仕方が無いかもしれませんが、準備は早くすることに越したことはありません。

■「決済方法毎の準備」の早さ比較

利用者視点における決済スピード比較を行った際、
早い順に「電子マネー」=「クレジット・デビットカード」>「現金」>「コード決済」となります。

この順番になる理由について、次の通り道筋を立てて説明します。

【1位(同着)】「電子マネー」、「クレジットカード・デビットカード」

「電子マネー」、「クレジット・デビットカード」で支払いする場合の準備として、カードやスマートフォン等を準備します。
精算時は決済端末にかざす・差し込む・スライドさせることで精算が完了します。

スマートフォンでは「パスコード入力」・「指紋認証」・「顔認証」を行う手順が発生するケースがありますが、さほど時間がかからないこともポイントです。

これらのことより「電子マネー」・「クレジット・デビットカード」は「決済方法を準備する」という着目点においては、一番早い方法であると結論づけます。

なお例外として、チャージ型電子マネーにおいて「残高不足」があった場合は、チャージ・差額支払いや支払方法の変更に時間が取られますので、早い決済とは言えなくなります。

【3位】「現金」

「現金」で支払いする場合の準備として、お財布等を準備します。
お会計時に十分足りる現金を出すことで、精算が完了します。

お財布から現金を出すことに「指紋認証」・「顔認証」・「アプリを開く」などの手順は不要であることに加え、紙幣のみを出す場合は、時間を大きく取られることはありません。

これらのことより「現金」は「決済方法を準備する」という着目点においては「電子マネー」、「クレジット・デビットカード」に次いで早い方法であると結論づけます。

なお例外として、「多量の小銭を含めて精算」を済ませようとした場合や「釣り銭に複数で多量の硬貨を用いる場合」利用者・従業員ともに計数する時間が多くかかります。

【4位】「コード決済」

「コード決済」で支払いする場合の準備として、スマートフォンのロック等を解除した上で、利用する決済サービスのアプリを開き「バーコード」を準備します。

利用する決済サービスをアプリ一覧等から探す必要があり、アプリ起動後も「バーコード・QRコード」を取得するための通信を行うことに時間がかかるため、「決済方法の準備」という着眼点においては、一番遅い・一番煩雑であることより、今回の比較では一番遅いと結論づけます。

また、特記しておきたい点として、決済アプリのアップデートを怠っていたことによる、強制的なアプリアップデートが必要となる場合・アップデート後に強制ログアウトされていることによる再認証が必要なこともあり、煩雑という点についての評価は不変です。

(現在のページ)ページ1:この記事の概要と【決済スピード比較(利用者=お客様視点)】
(次のページ) ページ2:【決済スピード比較(従業員視点)】

       ページ3:【決済スピード比較(システム目線)】
       ページ4:【総論】