FOMAとは? (フォーマ)

【概要】

FOMA(フォーマ)はNTTドコモが展開している携帯電話機データ通信端末向け3G(第3世代移動通信システム)サービスです。
通信方式は「W-CDMA」を使用しています。

 

【沿革】

2001年10月1日
FOMA正式サービスを提供開始
世界で初めて3G(第3世代移動通信システム)の正式サービスを開始しました。

2004年6月1日
パケット定額サービス「パケ・ホーダイ」を開始した。

2019年9月30日
新規契約受付を終了

2026年3月31日
サービス完全終了ならびに停波が予定されている。

出典:NTTドコモ 「FOMA」および「iモード」のサービス終了について
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/10/29_00.html

 

【特徴】

・世界初の3Gサービス開始

3G開始前に使用されていた携帯電話(2G)の通信速度は9kbps程度でありましたが、FOMAでは40倍程度の384kbpsの通信速度に対応してサービスを開始しました
高速化された通信により、様々なコンテンツ(写真などの画像データ・音楽や動画)を屋外でも送受信することができるようになりました。
また、革新的な機能として通信速度の他に、テレビ電話(デジタル通信)をサポートしました。

出典:NTT docomo テレビ電話
https://www.nttdocomo.co.jp/service/videophone/

 

・最高速度は以下のとおりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です